Point01 フィリピン政府からの直接派遣 Point02 配属前の事前講習による徹底指導 Point03 受入企業と実習生への万全なフォロー
協同組合 ユウアンドアイ

協同組合ユウアンドアイについて

協同組合ユウアンドアイは、外国人技能実習生の受入れ機関として、組合員の皆様が安心して経営、発展して行く為のサポートを行うパートナーとなることを目的に設立されました。

フィリピンの特色

フィリピンの気候は温暖で、性格は明るく陽気な上、子供やお年寄りに優しい国と言われており、とにかく一生懸命に働く、それが世界で活躍できる理由です。また、フィリピン人は温厚でコミュニケーション能力が高く、語学能力にも優れ、日本の文化にも十分対応できます。

母国語の7割を英語が占め、信仰宗教の8割以上がカトリックですので欧米に近く、親しみやすい国でもあります。そして以前から看護や介護にも力を入れており、教育体制も確立されているなど、既に世界各国の看護、介護分野にも多くの人材を送り出しております。

当組合ではフィリピンを最重要パートナー国と位置づけ、母国での教育体制を確立し、日本のニーズにあった即戦力となる人材づくりを共に進めながら、今後さらに加速するグローバル化に対応いたします。

外国人技能実習制度について

技能実習制度

開発途上国等の外国人を日本で一定期間(最長3年)に限り受入れ、OJT を通じて技能を移転する制度(平成5年に制度創設、改正入管法が施行された平成22年7月より現行の仕組み)※今後は5年又は6年に延長予定。

入国直後以外は、雇用関係の下、労働関係法令等が適用されており、現在全国に17万人在留しています。

無料職業紹介所

協同組合ユウアンドアイ(許可番号13-特-000059)

許可官庁
  • 関東経済産業局
  • 関東地方整備局
  • 関東農政局
加入資格(下記地区内に事業所を有する企業)

東京都、岩手県、福島県、茨城県、栃木県、埼玉県、千葉県、神奈川県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、山口県(その他の地区も相談を受け付けております。)

出入国管理及び難民認定法

出入国管理及び難民認定法の改正により、平成22年7月以降に受入れを行う外国人技能実習生については、入国後1年目から実習実施機関と雇用契約を結んで、労働関係法令の保護の下に技能実習を行うことになりました。

この結果、監理団体が送出し機関と連携して行っている技能実習生の受入れは、実習実施機関と技能実習を希望する外国人との間における雇用関係の成立をあっせんする職業紹介行為に該当する事となり、監理団体において職業安定法に基づく無料職業紹介事業の許可が必要となりました。

当組合は平成22年8月19日付で、厚生労働大臣よりこの許可を得ており、技能実習生受け入れ事業の一層の充実、発展を図る体制が整っております。

ユウアンドアイの強み

厚生労働大臣より無料職業紹介事業の許可を得ており
当組合は下記体制が充実している点が特徴です。

各国の優秀な人材を受入れます。特にフィリピンについては永い経験を有しており、国民性、風習を熟知した労務管理を得意としています。各企業様のニーズにマッチした人材受入れが可能です。

フィリピン政府直接派遣

当組合で受け入れる実習生は、全員がフィリピン海外雇用庁(POEA)の認可を取得しております。

事前講習による徹底指導

当組合と連携した看護・介護専門学校の講習(900時間)、日本語教育の講習(300時間)を実施いたします。また、実習実施機関の要望に応じた日本語追加教育にも対応しております。

万全なフォロー体制

当組合ではフィリピン人のスタッフも在籍しており、より万全な指導および入国後のフォローアップを行うことが可能です。

定期的な技能実習生の受入れ

フィリピン送出し機関と連携し、組合員の要望や時期などに対応した受入れ体制をとっております。

詳しい内容や費用について、不明点・不安な点など
お気軽にお問い合わせください

TEL:03-5831-5935 メールでお問い合わせ

技能実習生受入れの流れ(3年間の受入れの場合)

フィリピン 現地送出し機関 連携 日本 受入れ機関・監理団体 協同組合ユウアンドアイ 契約 実習生受入れ企業
技能実習生受入れの流れ

送出し国で4か月間にわたる、徹底した事前講習を実施しております。

詳しい内容や費用について、不明点・不安な点など
お気軽にお問い合わせください

TEL:03-5831-5935 メールでお問い合わせ
ページの先頭へ